超ざっくり環境解説(2017年1月)

今回は、タイトル通り超ざっくりと
現在のランク戦の環境について、です

そもそも環境とはなんぞや?
という話ですが、ハースストーンは
対人のカードゲームですよね。
つまり人がプレイしてるわけです。
となると、皆(基本的には)強いデッキを使いたいわけです。
そこで、「このデッキ(例えば海賊ウォリ)強い!」となったら
皆こぞって「よし海賊ウォリをやろう」となったりします。
ただ完全なデッキはないので、今度は
「海賊ウォリに勝てるデッキにしたら効率よく勝てる」となります。
無限ループに入ります。
そしてその無限ループの成果物としてその時の環境が出来上がります。

今回は2017年1月現在でどんな環境になっているかを
超ざっくり説明します
初心者向けの記事なので、よくあるデッキ毎にランク付けをするのではなく
ヒーロー毎に説明してみようと思います

★全体
超高速デッキであるアグロシャーマンと海賊ウォリアーが走り
それを止めるために中速のデッキ
さらにそれを止めるために低速のデッキ
とすべて存在しており
よくあたる相手を絞りづらい

★シャーマン
めちゃくちゃ強い
アグロ、ミッドレンジ、コントロールまでいる
基本的にはアグロかミッドレンジ
1マナから強力なミニオンを展開し、ボードは武器で取り、AoEも豊富
ほとんど隙がない
フィニッシャーも4/7/7やアヤ・ブラックポー、風の王アラキアなどがおり豊富

★ウォリアー
めちゃくちゃ強い
ほとんどが海賊ウォリアーの類
開幕から武器と海賊で相手の顔をガンガン殴って勝つ
リソースが切れても削りきれなければ負け
1枚の挑発やAoEで負けることも多い
ドラゴン要素が入ったパターンは少し遅くなるがその分中盤も戦える

また、わずかにコントロールウォリアーも存在
こちらも強いのだが、時間がかかるためあまり使われない

★ローグ
めちゃくちゃ強い
まず間違いなくミラクルローグ
エドウィンや探検中の冒険者を隠蔽しつつ顔をガツン!ガツン!と殴る
7ターン目くらいにケリをつけるつもり
その分序盤のガードは甘めでアグロが苦手

★メイジ
強い
レノメイジがほとんどだが、テンポメイジも微流行
強盗ログがキラリと光る
能動的にドローするカードが少なめなことや効果から運に左右されることも多い

★ウォーロック
強い
ほとんどがレノロック
悪魔の憤怒、地獄の炎、クリスタルブラストポーション、魂抽出、奈落の始末屋、捻れし冥界と驚異的な除去能力の高さ
強力だが相手のデッキ把握能力が問われる
リロイジェンキンスを絡めたOTK型は手札から20点叩き出すので要注意

わずかにzooも存在しているとのこと

★プリースト
強い
強いのはドラゴンプリースト
レノプリーストは他のカバール勢力に比べると少し劣るか
高体力のミニオンでボードを取るのでヒーローパワーも有効に使える
ネザースパイトの歴史家やドラゴニッド諜報員の利用でケッテンダッタドローソース不足も解消

★ドルイド
ハマれば強い
翡翠ドルイドとアヴィアナクンドルイドが存在
どちらもハマれば強いが、その場合も中盤以降に強さを発揮する
アグロにも弱く、ドルイドが横並びにも弱いヒーローなので、すこしイマイチなポジション

★パラディン
(´・ω・`)
バフしてる間に殴り殺される
バフしたのに確定除去される
という悲しきヒーロー
どちらかというとマーロックパラディンの方が勝てるか
相手を絞ればまだ勝てるが、超高速から中速、低速までいるため、勝ちづらい

★ハンター
(ToT)
まず、ハンターが得意な速効を上回るヒーローが2つもいるため辛い
そしてパラディンと同じくバフ要素が活きない
さらにハンターはAoEもドローソースもほぼないヒーローのためリソース勝負にも勝てない
ガジェッツァンになってから唯一レジェンド到達報告を見ていないヒーロー


大体こんな感じになっています。
あなたが使っているヒーローはどうでしたか??

参考になったら幸いです。

この記事へのコメント