カードの弱体化情報:バランス調整の実施 – アップデート9.1

0「こんにちは、次回のアップデートについて発表されたので紹介するよ」
ゴリ夫くん(以下、ゴ)「ほほう、どんな情報なんじゃろね」
0「まずは公式のリンクを貼っておくね
  是非読んでおくれ↓」
   ▶バランス調整の実施 – アップデート9.1
ゴ「そうだね、まずは公式の情報を読むべきだね
  で、どういう内容のアップデートなの?(読んでない」

0「今回のアップデートはカードのナーフだ!!」

ゴ「ふ~ん、ナーフって良く目にするけどどういうことなの??」
0「要するに弱体化だね
  なんで弱体化のことをナーフって言うかはググりなさい」
ゴ「おk」

0「今回ナーフ情報が発表されたカードは以下の5枚だよ
  練気・烈火の戦斧・呪術・マーロックの戦隊長・拡がりゆく虫害」
ゴ「どれもハースストーンを遊んでいるとよく見るカードだね」
0「うん、よく見るカード=強いカードってことだから弱体化されるみたいだ
  それぞれ見ていこう」

70NFJMHZQKJ81504597572696.png

ゴ「練気が偽造コインになっちゃったね」
0「うむ、開発陣としては序盤のマナのブーストが強すぎるってことでこうなったようだ
  主に被害を受けるのはアグロドルイドだろうね」
ゴ「序盤の練気を絡めたミニオンの展開が強かったもんね
  翡翠ドルイドみたいな遅めのドルイドはどうかな?」
0「もちろん予想の範疇をでないけどそこまで影響はないかもしれないね
  アップデート実装後に色々試してみよう」

9MNDYEHKBABO1504597595734.png

ゴ「烈火の戦斧が効果なしの勝鬨の剣になっちゃったね」
0「効果なしのイーグルホーンボウとも言えるぞ!」
ゴ「いや、そんな元気よく言われても…
  一番影響が大きいのは海賊ウォリアーかな…?」
0「恐らくそうだろうね
  これまで海賊ウォリアーは2マナのカードがとても少なかったんだ
  その上で更に烈火の戦斧を失うことになるからね
  でも、海賊だけじゃなくコントロールタイプのウォリアーも
  序盤を凌ぐために烈火の戦斧は重要な武器だったんだ
  ウォリアーにとっては非常に痛いナーフだね」

TCMUDSFCVDL81504597639527.png

ゴ「4コストになっちゃったのか。。。」
0「そう動物変身と同じ、と言うとなんとなく妥当に見えるかな?」
ゴ「あ、そう言われれば似たような効果だもんね」
0「開発陣はシャーマンを大型ミニオンが苦手なヒーローにしようとしているみたいだ
  もしかしたら今回の拡張で狙っていた凍結をうまく使ってほしいのかもね」
ゴ「うーむ、凍結はさすがに使いづらそうだから4マナでも投入かな」

4AI7IKTRFQG01504597673577.png

0「体力のバフがなくなったんだ」
ゴ「これで六丸の体力が増加して生き残る、みたいなことがなくなるね」
0「そうだね
  それに加えて、これからはマーロック軍団がAoE(範囲除去)に弱くなる
  基本的にマーロックの体力は3だから3点のAoEがマーロック対策になるかもしれない」

NIOFCNJHJN0X1504597704682.png

ゴ「出たばっかでナーフってのもすごいね、コストが1上がったんだね」
0「そう、アグロ対策のカードだけど余りにもコストが低い、
  と判断されてコストが1アップしたんだ」
ゴ「ほー、でも他のナーフが基本的にアグロのナーフじゃないかい?」
0「そうなんだ
  まとめにも入るけど今回のナーフは基本的にアグロデッキが煽りを受けるんだ
  元々Blizzardはコントロール環境を望んでいる、と言われているから
  その動きは予想の範疇なのだけどね」
ゴ「ふむ、コントロール環境になるなる、と言われ続けて
  アグロはずっと生き残っているもんね
  いよいよアグロが消えるのかなぁ・・・?」
0「さて、それは実際にナーフされないとわからないね」

0「最後になるけどカードはナーフされると魔素への還元率が
  作成時の魔素と同じになるように変更されるんだ」
ゴ「ほう?」
0「今回の対象カードで言えば、マーロックの戦隊長を魔素に還元すると通常100魔素だけど
  ナーフ後一定期間は400魔素(作成時と同じ)もらえるんだ
  拡がりゆく虫害も同様に100魔素だね、ゴールデンカードも同様さ」
ゴ「あ、じゃあ使えなくなる、と思ってもナーフされるまで待ったほうがいいね」
0「そゆことだ」
  

この記事へのコメント