要注意カード:「ナイフジャグラー」

今回は、要注意カードとして「ナイフジャグラー」を紹介します。 ナイフジャグラー コスト 3 / 攻撃 3 / 体力 2 ミニオンを召喚する度、ランダムな敵キャラクターに 1点のダメージを与える アグロ系デッキにはほとんど採用されており、 敵ヒーローに思わぬダメージを与えることができたりと 非常に優秀なレアカードだと思います。 また、2/3/2というスタッツも非常に強力です。 要注意、とするのは、もちろん敵プレイヤーが 次のターンに大量のミニオンを展開してきそうなら 確実に処理しておくべき、という点もありますが、 どちらかと言うと、 ナイフジャグラーを無駄にしていないか? という点です。 あなたがナイフジャグラーをデッキに入れているのは、 彼が投げるナイフによる打点ダメージに期待しているからでしょう。 にも関わらず、単なる2/3/2ミニオンとしてプレイしてしまっていませんか?? (もちろんそれが理想とされる場合もあります) 以下は、ナイフジャグラーの典型的なコンボです。 「ハンター編」 ナイフジャグラー + 《Unleash the Hounds / 猟犬を放て!》 ナイフジャグラー + 《Snake Trap / ヘビの罠》 「パラディン編」 ナイフジャグラー + 《Muster for Battle / 兵役招集》 「ニュートラル編」 ナイフジャグラー + 《Haunted Creeper / 呪われた蜘蛛》で自滅 …

続きを読む

要注意カード:「自然の援軍」+「獰猛な咆哮」

普通の記事は久しぶりです これからは、またちょくちょく更新頑張ろうと思います で、今回は要注意カード(コンボ)です。 いわゆる「ロアコン」です。 2枚の呪文を使ったドルイド専用のコンボです。 《Force of Nature / 自然の援軍》+《Savage Roar / 野生の咆哮》というコンボですね。 昔から変わらず、ドルイドを脅威の存在としているコンボです。 この記事を読んだあなた、これを覚えましょう。 「ドルイド!9マナ!14点!」 ドルイドは 9マナ(6マナ + 3マナ)で 14点((2+2)*3 + 2 = 14)のダメージを出す!です! ほとんどのドルイドは、このコンボを〆に使ってきます。 ドルイドを相手にした場合は、相手のマナが9マナ以上になったら、 自ヒーローの体力が14点以下にならないように注意しましょう。 また、挑発持ちミニオンを並べることも有効です。 そして、《Loatheb / ロウゼブ》が強力な対策になります! 9ターン目以降に召喚することで、相手のロアコン発動を遅らせることができます! 特に一発逆転を狙っている相手の心を折ることができます! ドルイド相手の場合はロウゼブを貴重に扱いましょう! また、《Emperor Thaurissan / ソーリサン皇帝》や《Innervate / 練気》により、 追加の《Savage Roar / 野生の咆哮》を利用した場合は、22点の打点になります! 正直2…

続きを読む

要注意カード:「ドクター・ブーム」

こんにちは。例によって更新が滞りがちですね。 新アドベンチャーのカードが出たので、それで遊びまくっています。 で、今回取り上げるのは、この人。 ドクター・ブーム コスト 7 / 攻撃 7 / 体力 7 雄叫び:2体のブーム・ボットを召喚する ブーム・ボット  攻撃 1 / 体力 1 断末魔:ランダムな敵キャラクターに1~4点のダメージ ゴブリンVSノームで登場し、現在最強カードと名高いレジェンダリです。 初心者「魔素がたまってきたけど、最初に作成すべきカードはある??」 回答者「とりあえずブーム作っとけ」 こんなやり取りは多く見られます。私も、とりあえずブーム、でいいと思います。 じゃ、なにがそんなに強いのか、 なぜみんな口を揃えて「とりあえずブーム」なのかを考えてみましょう。 ①スタッツが(普通に)優秀! このゲームで優秀な能力を持ったミニオンは、その分スタッツが控えめです。 しかし、この博士は7コストで7/7という強力さです。 同じ7コストのバニラである《War Golem / 戦のゴーレム》と同じなんです。 もう戦のゴーレム君は泣いていいです。 ②2体のお供を召喚できる! 強力な博士ですが、例えば12/12のミニオンも《Assassinate / 暗殺》であっさりやられます。 しかし、博士がダウンしても場にはお供のブーム・ボットが2体も残ります!! ブーム・ボットは1/1とスタッツからすると可愛いものですが、 …

続きを読む